WHOは最初のマラリアワクチンを承認し、アフリカ諸国から始めます。インドでは毎年3万ルピー以上の事件が発生しています。

世界保健機関(WHO)は、世界初のマラリアワクチンRTS、S / AS01を承認しました。マラリアの影響を最も受けているアフリカ諸国から始まります。この後、WHOの焦点は、マラリアワクチンを世界中で製造するための資金調達の取り決めにあり、このワクチンがすべての貧しい国に届くようになります。

その後、各国政府は、マラリア対策にワクチンを含めるかどうかを決定します。WHOは、このワクチンがマラリアの影響を最も受けている国々に大きな希望をもたらしたと述べています。

インドでは毎年3万ルピー以上
のマラリアが発生しており、5歳までの子供がマラリアにかかるリスクが最も高いと言えます。2分ごとに子供はマラリアで亡くなります。2019年には、世界中でマラリアによる死亡者が4.09ラクで、そのうち67%、つまり2.74人が5歳未満の子供でした。2019年にインドでマラリアが発生したのは3万ルピー38千494例で、77人が死亡しました。2015年から2019年にかけて、インドのマラリアによる死亡者数は2015年に384人と最も多かった。それ以来、死者数は着実に減少しています。

アフリカ諸国の23万ルピーの子供たちを対象としたワクチン試験
マラリアワクチンRTS、S / AS01の使用は、ガーナ、ケニア、マラウイでパイロットプログラムとして2019年に開始されました。この下で、23万ルピーの子供たちにワクチンが与えられました。その結果に基づいて、WHOは現在ワクチンを承認しています。このワクチンは1987年にGSK社によって最初に作られました。

重症例は30%減少する
パイロットプロジェクトの結果によると、マラリアワクチンは安全であり、重症例の30%を予防することができます。このワクチンを接種した子供たちの3分の2は、蚊帳を持っていなかった子供たちでした。マラリアワクチンは、他のワクチンやマラリア予防のための他の対策に悪影響を及ぼさないことも明らかになっています。

WHOは、サハラ以南のアフリカ諸国の子供たちに2歳までに4回のマラリアワクチンを接種することを推奨しています。このワクチンは熱帯熱マラリア原虫を中和します。熱帯熱マラリア原虫は、マラリアを引き起こす5つの寄生虫の1つであり、最も危険です。WHOによると、マラリアの10例中4例がワクチンによって予防でき、重症例では10人中3例が救われるとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です