2030年の世界の炭素排出量の0.9%を占めると推定されるビットコインマイニング

New York Digital Investment Group(NYDIG)の新しい調査によると、ビットコインのエネルギー消費量は、今後10年間で世界全体の0.5%未満にとどまると予測されています。

NYDIGは「ビットコインネットゼロ」の調査を発表しました 論文 今月、ビットコインのエネルギー消費量と炭素排出量は、たとえ価格が急上昇したとしても、今後数年間は急上昇しないことがわかりました。

Castle IslandVenturesのパートナーであるNicCarterとNYDIGの創設者であるRossStevensが執筆したこの調査では、ビットコインの価格の変動に応じて、ネットワークの炭素排出量が将来どのように変化するかについて説明しています。 採掘の難しさ、そして エネルギー消費

この調査の最も積極的な見通しでは、ビットコインの排出量は、BTCの価格が2030年までに高騰したとしても、依然として世界全体のごく一部を占めることがわかりました。

「ビットコインが2030年までに10兆ドルに達する、最も攻撃的で高価格のシナリオでも、その排出量は世界全体のわずか0.9%であり、エネルギー支出は世界全体のわずか0.4%です。」

レポートは、2020年のデータに基づいて、ビットコインマイニングの将来の成長を予測しています。研究者は、ネットワークハッシュレートとマシン効率の関数としてビットコインマイナーの過去の電力消費量を計算しました。

2020年に、著者はビットコインが62テラワット時(TWh)の電力を消費し、3,300万トンの二酸化炭素排出量を生み出し、世界のエネルギー消費量のわずか0.04%、世界の炭素排出量の0.1%に相当することを発見しました。

著者らは、ビットコインマイニングに関連する炭素廃棄物は2020年の間「世界的には重要ではない」と主張しました。

関連している: 今年のビットコインの消費電力はすでに2020年のすべてを上回っています

現在、BTCマイニングは年間101 TWh、つまり世界の電力の0.45%を使用しています。 によると ケンブリッジ大学、ビットコインネットワークはフィリピン全土よりも多くのエネルギーを消費します。

しかし、大学はまた、ビットコインが米国のすべての冷蔵庫を合わせたよりも少ない電力を消費し、世界中の住宅用空調に使用される総エネルギーの4.6%にすぎないことも発見しました。

報告書はまた、 「脱炭素化」ビットコインマイニング 将来的には、次のように述べて、重要な約束を示します。

「長期的には、再生可能エネルギーの開発が継続し、各国が電力網の脱炭素化に努めているため、ビットコインの炭素排出量(およびビットコインの絶対炭素排出量)の強度は低下します。」