Solanaは、大規模な停止をDEXオファリングを標的としたサービス拒否攻撃に起因すると考えています

Solanaは、先週受けた17時間の停止は、Grape Protocolの9月14日の最初のDEXオファリング(IDO)を狙ったサービス拒否攻撃に起因すると考えています。

9月21日のブログで 役職、 NS ソラナ財団 Grapeが先週火曜日の12:00UTCにSolanaベースの分散型交換(DEX)RaydiumでIDOを開始したときに、ボットがネットワークをスパムしたと述べました。

ボッティングアクティビティは、毎秒40万のトランザクション負荷でネットワークを圧倒し、Solanaは、「フォワーダーキューとリソースを大量に消費するブロックの無制限の増加」により、多数のフォークがネットワークに自動的に提案されたと指摘しました。

この攻撃により、メモリが不足した後、Solanaのネットワークのバリデーターがクラッシュしました。 結果として ネットワークがオフラインになりました 9月14日と9月15日の間に約17時間。

復旧は、Solanaのエンジニアと1,000人を超えるバリデーターの協力により主導され、ネットワークのアクティブなスタッカーの80%からサポートを受けた後、ハードフォークが渡されました。

「これは、パッチを作成するだけでなく、ネットワークの80%を合意に達するための、コミュニティによる協調的な取り組みでした。」

財団は、Solanaがオフラインになってから18時間以内に、ネットワークにパッチが適用され、アップグレードされ、完全な機能に復元されたと推定しています。

投稿は、コミュニティが今後数週間でリリースされる詳細な「技術的な事後分析および根本原因分析レポート」の提供に引き続き取り組んでいると付け加えました。

関連している: 暗号採用の障壁を打ち破る? ソラナは独自の「こと」を行うことを目指しています

ソラナ(SOL)の価格は 弱々しく実行された 9月9日に史上最高値の213ドルを投じて以来、SOLは39%引き下げて、執筆時点で129ドルでハンドを変更しました。

7月31日に32ドルで取引されて以来、トークンは565%急増し、リトレースメントはSOLの数か月の隕石に続きました。