タイSECがイーサリアムベースの不動産プロジェクトにライセンスを発行

タイ証券取引委員会(SEC)は、イーサリアムブロックチェーンに基づく資産担保トークン提供サービスのライセンスを持っています。

香港に本拠を置くフィンテック企業であるFractionGroupの完全子会社であるFractionは、物理的またはデジタル資産の所有権の一部を取得するためにトークンをリストして取引することを許可するライセンスを取得しました。 発表 9月16日。

ライセンスは、タイSECのイニシャルコインオファリング(ICO)の公式ポータルを通じて付与されました。 2018年に設立されました。 このライセンスは、初期分数オファリング(ICO)と呼ばれる、資産のデジタル化と分数化のためのFractionの今後のサービスの基盤を示しています。

同社は、地元の不動産会社と協力して不動産のトークンに焦点を当て、2022年第1四半期にサブスクリプションの最初のIFOをリストする予定です。 発表によると、Fractionは総額4億6000万ドル以上のIFOを調査し​​ています。

「今では、すべてを購入するために500万ドルをフォークする必要はなく、このヴィラの一部(おそらくその1%)を合法的に所有することができます」とFractionの共同創設者兼CEOのEka Nirapathpongporn 言った。 IFOに参加するための最低額は約150ドルになるだろうと彼は付け加えた。

Fractionの共同創設者兼最高技術責任者であるShaunSalesは、次のように述べています。

関連している: 部分的な財産所有権のためのブロックチェーンベースのプラットフォームがインドで発売

トークン化された不動産の業界は、テクノロジーの初期のステータスとそのような製品に関する規制の不確実性のために、比較的ニッチなままです。 英国の会計ネットワークMooreGlobalの推定によると、 トークン化された不動産市場は1.4兆ドルに達する可能性があります 今後5年間で、世界の不動産市場全体のわずか0.5%がトークン化されるとしたら。