American CryptoFed DAOは、安定したユーティリティトークンについて米国SECの同意を求めています

ワイオミングを拠点とする分散型自律組織であるAmericanCryptoFed DAOは、米国証券取引委員会(SEC)に2つのフォームを提出し、LockeとDucatという名前の相互依存するステーブルコインの2つのバリアントを立ち上げました。

CryptoFedによると フォーム10 送信すると、トークンは、社内のCryptoFedブロックチェーンでホストされているユーティリティトークンとしての登録を待っています。 ただし、SECのフォーム10は、米国の取引所での潜在的な取引のために証券を登録するために使用されるため、いわゆるユーティリティリストを対象としていません。

フォームの送信により、CryptoFedは、未解決のSECコメントに関係なく、最初の提出日から60日後に米国でDAOとして自動的に認識されるようになります。

CryptoFedの提出書類は、Ducatがインフレとデフレの両方で保護されたステーブルコインであり、日常の取引や価値の保存に使用できることを示唆しています。 Lockeは、Ducatを安定させ、エコシステムのルールを作成するために使用されるガバナンストークンです。

CryptoFedのCEOであるMarianOrrによると、Lockeトークンは、自治体、商人、銀行、暗号通貨取引所、およびDAOの他の参加者に配布されます。 Orr氏は、既存の金融システムと比較して、次のように述べています。

「CryptoFedは、ロックとドゥカートの間の売買の一部と小包を使用して、連邦準備制度と同様の継続的な公開市場操作を通じてドゥカートを安定させています。」

CryptoFedも提出中です フォームS-1 LockeトークンとDucatトークンを登録して、それらを取引可能および譲渡可能にします。 CryptoFedは、フォームS-1の提出に関するこのSECのレビューと並行して、フォームS-8も提出します。これにより、会社は「500人以上に制限された取引不可能なロックトークン」を付与されます。

フォームS-1が承認されるまで、LockeトークンとDucatトークンはどちらも制限され、取引できず、譲渡できません。

関連している: SECの議長が2倍になり、暗号通貨会社に「入って私たちに話しかける」と伝えます

9月13日、SEC議長のGary Genslerは、証券を使用した暗号プロジェクトに、会社を当局に登録することで投資家の保護を確保するよう促しました。

ゲンスラーは、暗号通貨の実用的なポリシーフレームワークを構想し、暗号は金融セクターの「変化の触媒」になる可能性があると信じていました。 「これらの取引プラットフォームに証券がある限り、私たちの法律の下では、免除の資格がない限り、委員会に登録する必要があります」と彼は言いました。

Cointelegraphが8月に報告したように、 ゲンスラーは、より堅牢な暗号規制の必要性を認識しています 米国では。 当時、彼は、トークンオファリング、ステーブルコイン、分散型ファイナンスに関する問題など、現在SECによって検討されている7つの暗号関連のポリシー変更をリストしました。