東京オリンピックの金メダルは、最初に噛まれた後に交換されました

オリンピックの金メダリストは、故郷の市長が最初にメダルを獲得した後、新しいメダルを授与されます。

日本の名古屋市長である河村たかしは、イベントでマスクを下ろし、ソフトボール選手の後藤希友のメダルを噛んだとき、オンラインで激怒した。

彼は、Covid-19の制限を無視し、「敬意を欠いている」と非難されました。

今、オリンピック当局者は、市長が謝罪し、彼が交換のために支払うと言った後、彼らは後藤さんのメダルを汚れのないものと交換すると言います。

市長は先週の女子ソフトボール決勝での日本の勝利を祝う式典でメダルを歯の間に入れた後、反発に直面した。

ソーシャルメディアのユーザーは、この行為はアスリートに対して非衛生的で失礼だと述べた。

「アスリートへの敬意の欠如は別として、感染予防策の一環として、メダル授与式の最中に[アスリート]が自分自身やチームメイトにメダルを与えているにもかかわらず、彼はそれを噛みました。申し訳ありませんが、理解できません。」日本の銀メダリストの剣士太田有希がツイッターに書いた。

「Germmedal」はすぐに日本のソーシャルメディアで流行しました。

後藤さんがプレーするチームのオーナーであるトヨタでさえ、そのジェスチャーを「不適切」で「非常に残念」と非難した。

72歳の市長は後に彼の行動について謝罪し、それが市当局に7,000件以上の苦情を引き起こしたと伝えられている。

「名古屋市長としての立場を忘れて、非常に不適切な行動をとった」と彼は言い、代わりのメダルを払いたいと付け加えた。

木曜日の東京2020主催者の声明によると、交代は国際オリンピック委員会と後藤さんの間で合意されたという。IOCが費用を負担するだろうとそれは言った。

メダルを噛むことはゲームでよくある癖ですが、通常は勝者のために予約されています。

東京2020の主催者は、7月下旬に「#Tokyo2020メダルが食べられないことを正式に確認したい」とツイートしたことで、この事件を軽視しているようです。

川村さんも後藤さんもすぐにコメントはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です