ドミニオンは選挙の主張をめぐって保守的な米国の報道機関を訴える

経済| ドナルド・トランプ

投票機会社のドミニオンは、2020年の米国大統領選挙に関連した名誉毀損で、保守的な報道機関であるOne America NewsNetworkとNewsmaxMedia、およびOverstock.comの前CEOを訴えました。

ドナルド・トランプ元米国大統領が2020年にホワイトハウスへの入札に失敗し、彼が不正選挙で敗北したという根拠のない主張は、引き続き国に法的な影を落としています。

火曜日に、米国最大の投票機メーカーの1つであるドミニオン投票システム株式会社は、2020年の大統領選挙に関連して、保守的な米国の報道機関であるOne America NewsnetworkとNewsmaxmedia Inc.、およびOverstock.comの前CEOを訴えました。 。

ドミニオンは、2つの右寄りのケーブル報道機関とOverstock.comの創設者で元CEOのパトリック・バーンが、ジョー・バイデン大統領に投票を切り替えてトランプに対する選挙を不正に行ったと誤って主張し、会社の名誉を毀損したと主張している。

Dominionは、利益の損失やその他の損害を理由に、3件の別々の訴訟による16億ドル以上の損害賠償を求めています。

訴訟は、2020年の大統領選挙に関連してデンバーを拠点とするドミニオンがとった最新の法的措置です。同社はまた、保守的なニュースネットワークであるフォックスニュースや、  MyPillow IncのCEOであるマイクリンデル、元トランプ弁護士のルディジュリアーニ、元トランプキャンペーンマネージャーのシドニーパウエルに名誉毀損訴訟 を起こした 

名誉毀損でドミニオンに訴えられた報道機関や個人は、彼らの弁護において言論の自由に対する憲法修正第1条の権利を行使しました。

ロイター通信社が報じた声明の中で、ニュースマックスは次のように述べています。と議会のメンバー—今日のドミニオンの行動は、そのような報道を抑制し、自由な報道を弱体化させる明確な試みです。」

Fox Newsの法定代理人は、5月に提出された裁判所で、報道機関は「私たちの民主主義の中核をなす主張を含む物語の両面を報告できなければならない」と述べた。

4月、ニュースマックスは当時のドミニオンの従業員であるエリック・クーマーに、彼がトランプに対して個別に投票用紙を不正に操作したという証拠なしに主張したことを謝罪しました。クーマーはその後、彼が提起した名誉毀損訴訟からニュースマックスを取り下げた。

州および連邦当局は不正投票の証拠を発見していませんが、トランプは選挙が彼から盗まれたと誤って主張し続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です