Covid-19:英国の規則が変更されると、フランスへの検疫なしの旅行が再開されます

旅行規則の変更がBST04:00に発効した後、完全にワクチン接種された人々は、英国への帰国時に検疫なしでフランスを訪問できるようになりました。

ブルターニュフェリーは、木曜日に発表された規則の変更に続いて、予約の「急増」を受けたと述べた。

しかし、旅行代理店は、英国で最も人気のある目的地の1つでの検疫の緩和は、「夏を救うには遅すぎた」と述べた。

その間、メキシコの旅行者はホテルの検疫を避けるために急いで帰らなければなりませんでした。

英国の旅行用信号機システムの最新の変更により、12か国で規則が緩和されました。

フランスは、独自の琥珀色のプラスのカテゴリから琥珀色のリストに移行しました。つまり、ワクチン未接種の旅行者は自宅で10日間自己隔離する必要がありますが、子供と完全にワクチン接種された乗客は帰国時に検疫する必要はありません。

ロンドンのカイルフランクは、変更が発表された後に旅行を予約した人の一人です。彼は飛行機に乗るよりも安全だと感じているので、ニースまで車で行く予定です。そうすれば、子犬のインディを連れて行くことができます。

「以前に予約しておけばよかったのですが、すべてが急速に変化していて、いつ安全に旅行できるか理解するのが難しいので、できる限り今すぐ行こうとしています」と彼はBBCに語った。

「ロンドンに戻ったときは検疫がないので、すぐに仕事に戻ることができます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です